ダイエットで肥満度測定をすると肥満体はわずかな割合

細身のスタイルが美しいとされる現代では多くの方がもっと痩せたいと痩身に励んでいますが、本当に肥満という方は意外に少ないのが特徴です。

実際に肥満度測定法のBMIという計算法をしてみると多くの方が肥満ではないことがわかります。
肥満度測定のBMIの求め方は体重kg/(身長m)2ですのでどなたでも簡単に肥満度測定を行うことができます。
これで本当の肥満だった方は生活習慣病などのリスクが高まるので、早急な食生活などの生活改善や就寝サイクルの見直しなどのダイエットが必要と言えるでしょう。

とはいえ本当の肥満ではなくても現在のプロポーションに不満を持ってダイエットに励みたいという方もいらっしゃいます。
その際にオススメなのが健康的に痩せることができる有酸素運動です。
人は運動を始めるとまずは糖質をエネルギーとして使いますが、有酸素運動をして20分以上経過していくと脂肪が燃焼し始めるのです。
そのためダイエットのための有酸素運動としては20分以上継続して行うのが望ましいのです。
有酸素運動はできるだけ定期的に続けるのが効果的なので、ウォーキングやジョギングなどどなたでも自分のタイミングではじめられるものが最適です。
足腰が弱く、ウォーキングなどができないかたにはプールでの有酸素運動がおすすめです。
水中は浮力があるため足腰に負担がかかりにくくより安全に効果的な有酸素運動をすることができるのです。
このような有酸素運動をすることで肥満の予防にもなりますので将来の生活習慣病を防ぐ役割を期待することもできます。
体が健康になり、肥満予防をしてスタイルアップも目指せるので有酸素運動は大変おすすめの生活習慣と言えるでしょう。